分譲住宅と注文住宅。その違いは?

分譲住宅のメリット・デメリット

まとまった土地に同じような住宅が何棟か建てられ、販売されるのが分譲住宅です。既に完成している家ですので、購入前に間取りや設備、外装・内装などを確認することができます。また家が完成している分、契約してから入居までの期間が短いですから、時間や手間をかけたくない方にも分譲住宅はおすすめです。
コスト面においても、分譲住宅は比較的安く購入できます。一つのエリアに密集して家が建てられているため、価格が安く抑えられているのです。購入価格も明示されていますから、予算に応じて購入するかどうかを決めることも可能です。
一方で分譲住宅のデメリットとしては家の設計があらかじめ決められてしまっていることが挙げられます。万人受けしやすい設計になっていることが多いですから、こだわりがある場合には、分譲住宅はあまり向いていません。


自由度の高い注文住宅の注意点は?

注文住宅とは工務店やハウスメーカー、建築士に依頼して、自分の希望を反映した家を建ててもらうことです。法律の規制内などの条件を満たしていれば、間取りや設備、デザインなど自分好みのものを選べますので、理想に近い家を建てることができます。またこだわりたい箇所には費用をかけ、費用を抑えられる箇所は安く済ませるなど予算を調整することも可能です。しかしこだわりすぎた結果、当初の予算を超えてしまったということもありますので注意が必要です。
他にも注文住宅のデメリットには、完成した家がイメージと異なる場合があることが挙げられます。設計は図面やサンプルで行っていくため、設計に慣れていない一般の人は仕上がりをイメージするのが難しいのです。

建売住宅の価格には、土地の代金から建物本体の工事費まで含まれているので、予算が立てやすいと言えます。完成済みの物件なら実物を見て購入を決める事もでき、すぐ住めるというメリットもあります。