何を植える?庭木選び方のポイント

木陰を作りたい方におすすめな庭木

自分の庭でも素敵な木を育ててみたいけど、どんなものを植えれば良いのかいまいちわからない…。今回は、そんな方におすすめの庭木の選び方をご紹介します。せっかく植えるのですから、見た目にはもちろんこだわりたいですよね。しかし、周りの環境や植えることで生じる効果を考えずに選んでしまうと、後で後悔することになるかもしれません。デザインは後でゆっくり考えるとして、まずは自分の目的にあった樹木のグループを見つけましょう。
まずは、庭に木陰や目隠しを作りたい方。この目的に合った樹木となると、常緑樹が当てはまります。このタイプの木は一年中葉が落ちないため、常に適度な日陰を作ってくれます。人の目も防ぐことができるので、人口の多い地域にお住いの方に特におすすめです。落葉樹のように、こまめに庭掃除をする必要がないことも魅力です。


見た目を楽しみたい方におすすめの庭木

目隠しになるような大きな木は困るけど、庭をパッと華やかにするような庭木を植えてみたい…!そんな方には、芳香性や綺麗な花を咲かせる樹木がおすすめです。先ほどのグループと違って高さが出ないので、お手入れがより簡単です。バラ科の樹木は美しい花をつけるものが多く、必要なスペースが少ないため比較的気軽に植えることができます。香りのある樹木は秋や冬にその真価を発揮することが多いです。花と同時に香りを発しますが、比較的咲いている時期は短いものが多いです。そのため、数種類の木を同時に植えると香りを楽しめる期間が長くなるでしょう。
注意点として、その香りにひかれて虫が寄って来やすいという特徴があります。こまめに点検してあげると良いですね。

一戸建て住宅は、集合住宅と違って独立しているので隣の部屋の生活音がうるさいなどということがありません。