工務店とハウスメーカー。それぞれのメリット・デメリットは?

工務店のメリットとデメリットは?

一戸建て住宅を建設するために工務店に頼むメリットは、価格の安さと施工技術の高さにあります。まず工務店はほとんどが宣伝活動を行っていないので、その分建設費用を抑えています。また自社の職人の技術を向上させることで、他の業者との差別化を目指すので品質が非常に高いのも利点です。さらに地元で長く設計と施工に携わることで、それぞれの土地に合う家を建てることができます。その気候風土に合わせた快適な住まい設計ができるというわけです。デメリットは、宣伝活動を行っていないので、業者探しが難しいことです。そのために口コミを参考にしたり、実際に建設現場に足を運んで技術力を確認することが必要になります。満足できる業者探しに苦労することになります。


ハウスメーカーのメリットとデメリットについて

ハウスメーカーの注文住宅は、ローコスト住宅として有名です。これは業者が使用する材料を自前で大量に生産することで、建材費用を安く抑えることができるためです。さらに設計もある程度のひな形が用意されているので、設計費用も安く抑えることができます。工法も簡単なので、どんな職人が手がけても安定した品質となる利点もあります。一方でデメリットとなるのは、規格化された材料を使うので、ある程度の土地の広さが必要になることです。また基本単価は最低限の設備で提示されるので、必要な設備などを追加すると単価が高くなります。つまり満足できる住み心地にするためには、ある程度の費用がかかるというわけです。その代わりに長期間の保障がつく安心感はあります。